人気ブログランキング |

カテゴリ:尾道ロハス( 46 )

アンティークな街 尾道

戦災を受けていない尾の道の街並み。斜面に民家が建ち並んでいます。
民家の中には数多くの路地や坂道、階段がまるで迷路のように張り巡らされています。

古い街並み」お気にいって頂ければ応援ポチよろしく!⇒にほんブログ村 夜景写真

アンティークな街 尾道_c0152379_646567.jpg


アンティークな街 尾道_c0152379_646291.jpg


アンティークな街 尾道_c0152379_646432.jpg


昨日は健康診断で引っかかり胃カメラの検査を受けに行きました。
幸い「異常なし」という結果でした。これでまた写真撮影に没頭できそうです。
by mezase238 | 2008-07-19 06:47 | 尾道ロハス

向島ドックと尾道灯台

尾道駅を下車して直ぐに飛び込んでくる尾道灯台を撮影しました。
昭和9年4月16日初点灯の尾道灯台は、何時も向島から船の安全航行を見守ってくれています。

尾道灯台」お気にいって頂ければ応援ポチよろしく!⇒にほんブログ村 夜景写真

向島ドックと尾道灯台_c0152379_6175748.jpg


向島ドックと尾道灯台_c0152379_6181161.jpg

by mezase238 | 2008-07-09 06:19 | 尾道ロハス

尾道商店街

暑い日には商店街を歩くのが一番ですね。
商店街の屋根には七夕の飾りが・・そうでした、7月7日は七夕の日でした。

尾道商店街_c0152379_6181488.jpg


尾道商店街_c0152379_6182924.jpg


おばQ」お気にいって頂ければ応援ポチよろしく!⇒にほんブログ村 夜景写真

このおばけのQ太郎、今でも10円を入れると本当に動くんですよ。
未だに子供達の人気者です。

尾道商店街_c0152379_6185343.jpg

by mezase238 | 2008-07-08 06:31 | 尾道ロハス

御袖天満宮

休日は妻と尾道探索
「てくてくスタンプラリー」というイベントがあり23ある寺社仏閣と古い建築物や観光地12箇所ををそれぞれ訪問してはスタンプを押して行くというものです。5月から妻と暇を見つけてはてくてくと・・。「てくてくスタンプラリー」に参加して尾道の良い所を再発見していきたいです。今日は大林監督の映画「転校生」で登場した「御袖天満宮」を訪れてみました。

御袖天満宮_c0152379_170542.jpg


この階段は大林監督の映画「転校生」に登場し、二人の主人公が階段を転げ落ちながら入れ替わるシーンが印象的です。

以下のページに御袖天満宮の名前の由来とこの石段について少し触れてみます。

スタンプラリーがんばってます!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 夜景写真

More
by mezase238 | 2008-06-29 17:19 | 尾道ロハス

尾道造船

尾道造船所のクレーンです。

尾道造船_c0152379_6125812.jpg


遠く見えるレンガ造りの建物は山波変電所(旧広島電気尾道発電所)です。

備後地方における電力供給増強のため建設された大規模火力発電所の施設。イギリス積みのレンガ造りで,桁行32m,梁間12m。
 小屋組は鉄骨造フィンクトラスで,内側内部は一部2層に作る。国道2号線沿いの海側に建ち,尾道・福山間のランドマークとなる。
by mezase238 | 2008-06-12 06:21 | 尾道ロハス

尾道ぶらり 瓦三昧

尾道の街は古く、そこに点在するお寺はそれなりに歴史を感じます。
私は特に古寺の瓦にそういうものを感じます。

尾道ぶらり 瓦三昧_c0152379_630234.jpg


尾道ぶらり 瓦三昧_c0152379_6301584.jpg


尾道ぶらり 瓦三昧_c0152379_6303913.jpg

by mezase238 | 2008-06-09 06:31 | 尾道ロハス

古寺の片隅

観光客も誰一人見向きもしない古寺の片隅

古寺の片隅_c0152379_7214356.jpg

by mezase238 | 2008-06-04 07:22 | 尾道ロハス

家路

尾道の向にある島、向島という島から多くの人々が尾道へ仕事や学校に通っています。
この人たちの多くは、こうして桟橋でフェリーを待ち、そして乗船して家路に着くのです。
ゆったりとした時間が静かに過ぎて行きます。毎日毎日同じ光景の繰り返し!!
都会では決して経験するこの出来ない通勤通学の光景ではないでしょうか。

フェリーを待つ人々
家路_c0152379_8543848.jpg


このフェリーに乗船して家路に
家路_c0152379_8545396.jpg


尾道と向島を行き交うフェリーは数多くの場所から運行されています。
観光で行かれた方はぜひ乗船して見て下さい。フェリーから見る尾道の町並み素敵ですよ。
by mezase238 | 2008-05-10 09:00 | 尾道ロハス

「海辺の白い恋人小屋」シュガーシャック

シュガーシャックとは砂糖のように白い掘建小屋という意味だそうです。
渡船乗り場に待合所「白い恋人小屋」として利用されています。
尾道に縁のある画家や建築デザイナー、住宅工房の方々の無償協力により出来たものです。

「海辺の白い恋人小屋」シュガーシャック_c0152379_6185651.jpg


「海辺の白い恋人小屋」シュガーシャック_c0152379_6191745.jpg


更新の励みになればと思い参加しました!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 夜景写真

2008年1月24日撮影
by mezase238 | 2008-01-26 09:00 | 尾道ロハス

尾道ロハス紀行【住吉浜公衆電話室】

尾道ロハス紀行【住吉浜公衆電話室】
市役所西の渡船乗り場付近にある、クレーン付き公衆電話
窓ガラスの向こうには暗闇の尾道水道が・・

尾道ロハス紀行【住吉浜公衆電話室】_c0152379_6264797.jpg


ガラスに刻まれた「公衆電話室」の文字アンティーク調で趣があります。

尾道ロハス紀行【住吉浜公衆電話室】_c0152379_627220.jpg


クレーンの操作室も当時の機械がそのまま入っており、当時を偲ぶモニュメントとして尾道らしさを施しています。

尾道ロハス紀行【住吉浜公衆電話室】_c0152379_6274527.jpg


尾道ロハス紀行【住吉浜公衆電話室】_c0152379_628465.jpg


電話室に利用されているクレーンは市内の海運会社が1955年に設置しましたが71年以降使われなくなり、解体の話が持ち上がったそうです。
そこで、市民グループで活用策を検討した結果、電話室として再生することになったものです。
古いものと新しいもの。住吉公衆電話はまさに尾道ロハスです。

この「住吉浜公衆電話室」は、尾道出身者である建築家・岡河 貢氏とランドスケ-プデザイナ-戸田芳樹氏のアドバイスと協力により実現したそうです。

更新の励みになればと思い参加しました!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 夜景写真

2008年1月21日撮影
by mezase238 | 2008-01-23 09:00 | 尾道ロハス