人気ブログランキング |

国宝の寺を訪ねる明王院

私が働く町、福山市にも国宝のお寺があります。昨日、帰社途中に撮影をしました。
職場の身近なところにこんな貴重なお寺があったとは・・。カメラのお陰です。

国宝の寺を訪ねる明王院_c0152379_6232760.jpg


国宝の寺を訪ねる明王院_c0152379_623472.jpg


国宝の寺を訪ねる明王院_c0152379_625197.jpg


本堂(国宝)
本堂は鎌倉時代末期の建築。和唐折衷様式の初期の例の一つとされ国宝に指定されている。
正面二軒の桟唐戸になっている部分が外陣で、こうした造りは密教の本来の本堂形式である。
五重の塔(国宝)
五重の党は純和様。南北朝時代の建築です。一層の平面がやや小さい細身の塔ですが、
軒のでも深く、程よい低減率で全体の姿は美しい塔でした。
全国国宝指定19塔中5番目の古さを誇っています。
タグ:
by mezase238 | 2008-04-15 06:26 | 松永・福山
<< 国宝の寺を訪ねる明王院 瀬戸内に夕暮れ >>